リプロダクションクリニック東京男性不妊と女性不妊が同時に診療できる生殖医療専門クリニック。一般不妊治療から体外受精まで。

リプロダクションクリニックCEO 石川 智基

私は、2000年に神戸大学医学部を卒業し、ただちに神戸大学腎泌尿器科に入局致しました。一般泌尿器科臨床研鑽をする傍ら、自らのライフワークを模索しておりましたところ、男性不妊の領域に大きな興味を持ちました。そこで、2002年に神戸大学大学院医学研究科に入学し、男性不妊の研究に従事することに致しました。

国外では男性不妊と女性不妊が同一のレベルで論じられているのに対し、当時の日本では不妊治療は女性のものという認識でした。そこで、海外での研修先を求め、2003年米国に拠点を移しました。ニューヨークのロックフェラー大学にてモリス教授の下男性不妊研究を行う一方で、コーネル大学にてシュレーゲル教授の下最先端の男性不妊診療を学びました。その結果、米国滞在中に男性不妊の臨床および研究に関する論文を多数発表することができました。

2005年末に帰国後は、神戸大学病院で男性不妊診療に取り組んで参りましたが、男性不妊診療は依然として女性不妊診療の影に隠れた存在でした。2009年、男性不妊診療の更なるレベルアップを求め再び日本を離れ、豪州メルボルンのモナシュ大学に移りました。豪州ではマクラクラン教授とともに特にmicro-TESEの技術の向上に力を注ぎました。また男性不妊だけではなく、生殖医療という捉え方から女性不妊に対しても造詣を深めてきました。2010年に帰国後は、全国の患者さんにmicro-TESEの恩恵を享受して欲しいという思いから、休日返上で全国の不妊クリニックを駆け回り、ここ数年においては年間300件以上のTESEを行うようになりました。世界でも最多の症例数を実施しています。

これまで日本、米国、豪州の3カ国で生殖医療の基礎研究、臨床に従事して参りました。この国際経験を活かし、今後日本での生殖医療の発展に尽力していきたいと考えています。

「リプロダクションクリニック」は、外国では一般的な形態である「男性不妊」と「女性不妊」を同時に診療できる不妊専門クリニックです。これからの日本の不妊クリニックの代表的な存在になるべく、より多くの患者さんのために頑張っていきたいと思います。また、医師、看護師、培養士など生殖医療の従事者にもオープンなクリニックを目指しています。現代の医療に求められる「透明性」をもって日常の診療に取り組んでいく所存です。


略歴
2000年3月 神戸大学医学部医学科卒業
2002年4月 神戸大学大学院医学系研究科入学
2003年4月 米国Center for Biomedical Research,The Population Council and The Rockefeller University客員研究員
2006年3月 神戸大学大学院医学系研究科修了
2006年4月 神戸大学病院医員
2008年4月 神戸大学大学院医学系研究科助教
2009年4月 豪州Monash University主任研究員
Monash IVF invited clinician
2010年7月 医療法人仁寿会 副理事長
専門分野

男性不妊症

資格・免許
  • 医学博士(神戸大学)

  • 日本泌尿器科学会専門医

  • 日本生殖医学会生殖医療専門医

所属学会
  • 日本生殖医学会

  • 日本泌尿器科学会

  • 日本受精着床学会

  • 米国泌尿器科学会

受賞歴
2006年04月 米国アンドロロジー学会 NIH award
2006年11月 日本生殖内分泌学会学術奨励賞
2007年10月 日本生殖内分泌学会大会長賞
2008年7月 日本アンドロロジー学会賞
2010年5月 International Workshop on Klinefelter Syndrome, invited speaker
2010年10月 Fertility Society of Australia, invited speaker
発表論文
  1. Ishikawa T, Kawabata G, Okada H, Arakawa S, Kamidono S, Fujisawa M. 2003 Retroperitoneal bronchogenic cyst managed with retroperitoneoscopic surgery.
    J Urol 169:1078-9>
  2. Ishikawa T, Fujisawa M, Tamada H, Inoue T, Shimatani N. 2003 Fracture of the penis: nine cases with evaluation of reported cases in Japan.
    Int J Urol 10:257-60
  3. Ishikawa T, Kamidono S, Fujisawa M. 2004 Fertility after high-dose chemotherapy for testicular cancer.
    Urology 63:137-40
  4. Ishikawa T, Kawabata G, Terakawa T, Kamidono S, Fujisawa M. 2004 Solitary fibrous tumor in the pelvic space.
    Urol Res 32:49-50
  5. Ishikawa T, Fujisawa M, Kawabata G, Kamidono S. 2004 Assessment of availability of magnetic resonance angiography (MRA) in renal arteriovenous fistula.
    Urol Res 32:104-6
  6. Ishikawa T, Fujisawa M, Tamada H, Inoue T, Shimatani N. 2004 Inflammatory pseudotumor of the kidney.
    Int J Urol 11:337-9
  7. Ishikawa T, Fujisawa M. 2004 Varicocele ligation on free testosterone levels in infertile men with varicocele.
    Arch Androl 50: 443-448
  8. Ishikawa T, Fujioka H, Fujisawa M. 2004 Clinical and Hormonal findings in testicular Maturation Arrest.
    BJU Int 94: 1314-6

  9. Ishikawa T, Kondo Y, Goda K, Fujisawa M. 2005 Overexpression of endothelial Nitric Oxide Synthase in transgenic mice accelerates testicular germ cell apoptosis induced by experimental cryptorchidism.
    J Androl 26: 281-288
  10. Ishikawa T, Fujisawa M. 2005 Effect of age and grade on surgery for patients with varicocele.
    Urology 65: 768-72
  11. Ishikawa T, Hwang K, Lazzarino D, Morris PL. 2005 Sertoli Cell Expression of Steroidogenic Acute Regulatory Protein-Related Lipid Transfer 1 and 5 Domain-Containing Proteins and Sterol Regulatory Element Binding Protein-1 Are Interleukin-1? Regulated by Activation of c-Jun N-Terminal Kinase and Cyclooxygenase-2 and Cytokine Induction.
    Endocrinology 146: 5100-11
  12. Ishikawa T, Fujisawa M, Tapanainen JS. 2006 Screening of FSH receptor gene mutation (C566T) in azoospermic men in Japan.
    Arch Androl 52: 15-19
  13. Ishikawa T, Morris PL. 2006 A Multi-Step Kinase-Based Sertoli Cell Autocrine-Amplifying Loop Regulates Prostaglandins (PG), their Receptors, and Cytokines. Endocrinology 147: 1706-16
  14. Ishikawa T, Morris PL. 2006 Interleukin-1β Signals Through a cJun-N-terminal kinase (JNK)-dependent Inducible Nitric Oxide Synthase and Nitric Oxide Production Pathway in Sertoli Epithelial Cells.
    Endocrinology 147: 5424-30
  15. Ishikawa T, Fujioka H, Ishimura T, Takenaka A, Fujisawa M. 2007 Ghrelin expression in human testis and serum testosterone level. J Androl 28: 320-4
  16. Ishikawa T, Fujioka H, Ishimura T, Takenaka A, Fujisawa M. 2007 Expression of leptin and leptin receptor in the testis of fertile and infertile patients.
    Andrologia 39: 22-7

  17. Ishikawa T, Kondo Y, Yamaguchi K, Ooba T, Sakamoto Y, Takenaka A, Fujisawa M. 2007 An unusual reciprocal X-autosome translocation in an infertile azoospermic patient.
    Fertil Steril 88: 705 e15-7
  18. Ishikawa T, Ooba T, Kondo Y, Yamaguchi K, Fujisawa M. 2007 Assessment of gonadotropin therapy in male hypogonadotropic hypogonadism.
    Fertil Steril 88: 1697-9
  19. Ishikawa T, Fujioka H, Ishimura T, Takenaka A, Fujisawa M. 2007 Increased testicular 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine in patients with varicocele.
    BJU Int 100: 863-6
  20. Ishikawa T, Kondo Y, Yamaguchi K, Sakamoto Y, Fujisawa M. 2008 Effect of varicocelectomy on nonobstructive azoospermic and severe oligospermic patients.
    BJU Int 101: 216-8
  21. Ishikawa T, Yamaguchi K, Kondo Y, Takenaka A, Fujisawa M. 2008 Metabolic syndrome in men with Klinefelter syndrome.
    Urology 71:1109-13.
  22. Ishikawa T, Shiotani M, Izumi Y, Hashimoto H, Kokeguchi S, Goto S, Fujisawa M. 2009 Fertilization and pregnancy using cryopreserved testicular sperm for intracytoplasmic sperm injection with azoospermia.
    Fertil Steril 92: 174-9.
  23. Ishikawa T, Yamaguchi K, Chiba K, Takenaka A, Fujisawa M. 2009 Serum hormones in patients with nonobstructive azoospermia after microdissection testicular sperm extraction.
    J Urol 182: 1495-9.
  24. Ishikawa T, Nose R, Yamaguchi K, Chiba K, Fujisawa M. 2010 Learning curves of microdissection testicular sperm extraction for non-obstructive azoospermia.
    Fertil Steril 94: 1008-11.
  25. Ishikawa T. 2011 Surgical recovery of sperm in non-obstructive azoospermia.
    Asian J Androl 14: 109-15
  26. Fujisawa M, Ishikawa T, Takenaka A 2003 The efficacy of bilateral varicocelectomy in patients with palpable bilateral varicoceles: comparative study with unilateral varicocele.
    Urol Res 31: 407-409
  27. Fujisawa M, Ishikawa T 2003 Soluble Forms of Fas and Fas Ligand Concentrations in the Seminal Plasma of Infertile Men With Varicocele.
    J Urol 170: 2363-2365
  28. Okada H, Shirakawa T, Ishikawa T, Goda K, Fujisawa M, Kamidono S 2004 Serum testosterone levels in patients with nonmosaic Klinefelter syndrome after testicular sperm extraction for intracytoplasmic sperm injection.
    Fertil Steril 82: 237-238
  29. Vigodner M, Ishikawa T, Schlegel PN, Morris PL 2006 SUMO-1, Human Male Germ Cell Development and the Androgen Receptor in the Testis of Men with Normal and Abnormal Spermatogenesis.
    Am J Physiol Endocrinol Metab 290: E1022-33.
  30. Ooba T, Ishikawa T, Yamaguchi K, Kondo Y, Fujisawa M. 2008 Expression and distribution of laminin chains in the testis for the patients with azoospermia.
    J Androl 29: 147-52.
  31. Kondo Y, Ishikawa T, Yamaguchi K, Yada T, Fujisawa M 2008 Oral Administration of Tetrahydrobiopterin Attenuates Testicular damage by Reducing Nitric Oxide Synthase Activity in a Cryptorchid Mouse Model.
    J Androl 29: 153-63.
  32. Sakamoto Y, Ishikawa T, Yamaguchi K, Kondo Y, Fujisawa M 2008 The assessment of oxidative stress in varicocele patients.
    BJU Int 101:1547-52.
  33. Yamaguchi K, Ishikawa T, Kondo Y, Fujisawa M 2008 Cisplatin Regulates Sertoli Cell Expression of Transferrin and Interleukins.
    Mol Cell Endocrinol 283: 68-75.
  34. Yamaguchi K, Ishikawa T, Kondo Y, Nakano Y, Shiotani M, Fujisawa M 2008 Rapidly progressing, late-onset obstructive azoospermia linked to herniorrhaphy with mesh.
    Fertil Steril 90: 2018.e5-7.
  35. Haraguchi T, Ishikawa T, Yamaguchi K, Kondo Y, Fujisawa M 2008 Cyclin and protamine as prognostic molecular marker for testicular sperm extraction in azoospermic patients.
    Fertil Steril 91: 1424-6.
  36. Kondo Y, Ishikawa T, Yamaguchi K, Fujisawa M. 2009 Predictors of Improved Seminal Characteristics by Varicocele Repair.
    Andrologia 41: 20-3.
  37. Hashimoto H, Ishikawa T, Yamaguchi K, Kondo Y, Shiotani M , Fujisawa M. 2009 The expression and localization of vascular endothelial growth factor in ischemia-reperfusion injury of testis.
    Andrologia 41:216-21.

  38. Chiba K, Ishikawa T, Yamaguchi K, Fujisawa M. 2009 The efficacy of adult orchidopexy as a treatment of male infertility: Our experience of 20 cases
    Fertil Steril 92: 1337-9.
  39. Hashimoto H, Ishikawa T, Goto S, Kokeguchi S, Fujisawa M, Shiotani M. 2010 The effects of severity of oligozoospermia on intracytoplasmic sperm injection (ICSI) cycle outcome. Systems Biology in Reproductive Medicine 56: 91-5.
  40. Yamaguchi K, Ishikawa T, Chiba K, Fujisawa M. 2011 Assessment of possible effects of testosterone replacement therapy in men with symptomatic late-onset hypogonadism. Andrologia 43: 52-6.
  41. Izumi Y, Yamaguchi K, Ishikawa T, Ando M, Chiba K, Hashimoto H, Shiotani M, Fujisawa M. 2011 Molecular changes induced by bisphenol-A in rat Sertoli cell culture. Syst Biol Reprod Med 57: 228-32.
  42. McLachlan RI, Ishikawa T, Osianlis T, Robinson P, Merriner DJ, Healy D, de Kretser D, O'Bryan MK. 2011 Normal live birth after testicular sperm extraction and intracytoplasmic sperm injection in variant primary ciliary dyskinesia with completely immotile sperm and structurally abnormal sperm tails. Fertil Steril. 97: 313-8.
  43. Hashioka A, Kobashi S, Kuramoto K, Wakata Y, Ando K, Ishikura R, Ishikawa T, Hirota S, Hata Y. 2012 A neonatal brain MR image template of 1 week newborn. Int J Comput Assist Radiol Surg. 7: 273-80.
  44. Lo JC, Jamsai D, O'Connor AE, Borg C, Clark BJ, Whisstock JC, Field MC, Adams V, Ishikawa T, Aitken RJ, Whittle B, Goodnow CC, Ormandy CJ, O'Bryan MK. 2012 RAB-like 2 has an essential role in male fertility, sperm intra-flagellar transport, and tail assembly. PLoS Genet. 8: e1002969.
  45. Furuhashi K , Ishikawa T, Hashimoto H, Yamada S, Ogata S, Mizusawa Y, Matsumoto Y, Okamoto E, Kokeguchi S, Shiotani M. 2013 Onco-testicular sperm extraction: testicular sperm extraction in azoospermic and very severely oligozoospermic cancer patients. Andrologia 45: 107-10.
著 書
  1. アンドロロジー診療の基本と進歩 -男性 不妊診療の進歩- Urology View Vol.3, No. 6, 2005 石川智基、藤澤正人
  2. アンドロロジー-課題と展望 5.男性不妊症―診断と治療 科学評論社 内分泌・糖尿病科 第23巻 第1号 (平成18年7月) 石川智基、藤澤正人
  3. Klinefelter syndrome患者における男性更年期 泌尿器外科 17: 1036, 2004. 岡田弘, 近藤有, 合田上政, 石川智基, 原勲, 藤澤正人, 守殿貞夫
  4. 泌尿器科―専門医にきく最新の臨床 11.精巣、不妊、ED 「不妊症でvaso-vasostomy, varicocelectomyなどの手術療法の適応について、どの程度まで推奨したらよいのか教えてください」 石川智基、藤澤正人
  5. 「モダンフィジシャン」 男性不妊症―内分泌検査の実際と意義 石川智基、藤澤正人
  6. 「ホルモンと臨床」 特集/内分泌疾患と自己免疫 11. 自己免疫性精巣機能不全 石川智基、藤澤正人
  7. 「産婦人科治療」 精巣内の局所調節機構Regulation of Testicular Function: Signaling Molecules and Cell-Cell Communication 石川智基、藤澤正人
  8. 研究フロンティア セルトリ細胞においてIL-1βはJNK経路を活性化し、一酸化窒素(NO)発現を亢進させる 日本生殖内分泌学会雑誌12; 21-25, 2007. 石川智基、PATRICIA L. MORRIS、藤澤正人
  9. Microdissection testicular sperm extraction for non-obstructive azoospermia: The assessment of serum hormone levels before and after procedure. (Review) 日本生殖内分泌学会雑誌14 : 15-20, 2009. Tomomoto Ishikawa, Masato Fujisawa
  10. Role of interleukins in testicular physiology and disease. (Review) Reproductive Immunology and Biology 2010 in press. Tomomoto Ishikawa, Moira K. O’Bryan, Masato Fujisawa, and Patricia L. Morris
メディア
2011年5月30日 幻冬舎 男性不妊症 石川智基著
2011年9月5日号 AERA 男の無精子症は「100人に1人」
2012年7月12日 週間東洋経済
みんな不妊に悩んでる
2012年7月18日 NHK ONLINE@首都圏
「男性不妊」の治療最前線
2012年8月16日 NHK ONLINE@首都圏
“精子の質”の低下を防げ -注目の男性不妊治療法-
2012年9月6日 日本テレビ News Every
2012年9月19日 日本テレビ NEWS ZERO
2013年3月号 GQ JAPAN
2013年以降にもっと増える“男性不妊症”とは?
2013年11月22日 週刊朝日
新 名医の最新治療
2013年11月26日 ニューズウィーク日本版
妊娠への道を開く 新治療法の夢
2013年12月10日 週刊朝日MOOK
新 名医の最新治療2014
2014年3月21日 BS日テレ「深層NEWS」
▽不妊の原因の半分は男性側に▽専門医が語る男性不妊治療の最前線
2014年4月14日 NHK総合テレビ 「あさイチ」
「経験者が語る 不妊治療の今」
2014年6月25日 TBSテレビ「テレビ未来遺産
『“いのちの輝きSP” 出産&がん医療最前線 家族の決断・・・それでもあなたと生きたいから』
2014年7月14日 フジテレビ 「とくダネ!」
「精子に異常!?不妊治療最前線 その真相を直撃!」