培養室(LAB)

RI WitnessTM for safety

ICタグを用いた患者/検体管理

医療において最も重要なことは「高い安全性」で、「安心して治療を受けて頂ける環境」を提供することが大切です。

生殖医療においては、「取り違い」について特に注意が必要です。

当院では2017年より、RFID Tag (ICタグ)を使用した取り違い防止システムであるRI WitnessTMを国内初導入し、 患者さん、精子容器、卵子および受精卵を管理しています。

従来は人-人ダブルチェックを行っていましたが、現在では人-人-RI Witnessのトリプルチェックが行われており、より安全性を高めています。本システムは生殖医療専用に開発されたもので、世界で最も実績があり、ヒューマンエラーを未然に防ぎ、大事な命の源を管理しています。凍結保存検体にはバーコードシステムを併用して、さらに人の目も介して保管情報を2重3重に管理しています。

当院では何度も患者さん本人に氏名を確認することがあり、煩わしいこともあるかもしれませんが、これは取り違いを防止するために欠かせない過程です。取り違いを防ぐ工夫はこれ以外にもたくさんあり、細心の注意を払って治療にあたっております。