オプトアウト

オプトアウトについて

生殖医療の向上のために・・・

<はじめに>

リプロダクションクリニックでは、診療、培養技術、看護および患者対応技術の向上、生殖医療に関わる病気や症状の原因の解明などを目的とした研究を行っております。研究や医療従事者の教育には、皆様の診療情報や試料等(カルテ情報、エコーやX線撮影等の画像情報、廃棄予定の精子・卵子・胚などの検体およびその情報)を活用させていただく必要があります。将来に向けて、より良い治療を提供するため、皆様のご協力をお願いいたします。これらの研究は、患者さまの健康やお預かりしている試料(精子・卵子・胚)に影響を与えるものではありません。

<同意撤回(オプトアウト)と不同意について>

臨床研究のうち、研究対象者(患者さまなど)への侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究や、既存の試料のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき、各研究対象者から必ずしも直接同意を得る必要はありません。しかし、研究の目的を含めて研究内容の情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされております。このような手法を「同意撤回(オプトアウト)」と言います。治療に使用しないことが決定した配偶子などの研究利用について、同意撤回されたい場合には、オプトアウトを行っていただくことができます。

本同意は患者さんの自由意志によるもので、原則として不同意の意思表示がない場合にはご同意いただいたものとして診療情報・試料等を研究・教育に使用させていただきます。なお、一度同意された後でも随時撤回でき、ご同意頂けない場合でも診療上の不利益を受けることは一切ありません。

各研究への協力を希望されない場合、およびオプトアウトご希望の場合、ご質問などにつきましては、下記の問い合わせ先までご連絡いただくか、クリニック窓口にお申し出いただき、不同意確認書にご署名の上、ご提出をお願いいたします。

リプロダクションクリニック大阪と東京の両クリニックで受診されている場合、各クリニック宛に不同意確認書のご提出をお願いいたします。

ダウンロードはこちら。

リプロダクションクリニック大阪

不同意確認書

リプロダクションクリニック東京

不同意確認書

<医学研究や教育への利用に関する倫理的配慮および基本方針について>

診療情報や試料等を医学研究や教育に利用するときは、個人情報の保護を徹底し、個々の研究は「臨床研究に関する倫理指針」等の法規・規範の遵守等について院内の倫理委員会等の審査承認を受けてから行われます。研究の結果は学術雑誌や学会等で公表される場合がありますが、その際にも個人を特定できる情報は一切公開致しません。

オプトアウトを用いた研究はこちら。

研究一覧

<研究対象者>

リプロダクションクリニック大阪は、2013年9月1日以降に当院に通院された患者さまが対象となります。

リプロダクションクリニック東京は、2017年3月1日以降に当院に通院された患者さまが対象となります。

<研究費用>

公開中の研究に関連して、開示すべき利益相反関係にある企業等はなく、リプロダクションクリニックの研究費で行われます。

<問い合わせ先>

代表者名: 石川智基

リプロダクションクリニック大阪

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪タワーA 15F

TEL:06-6136-3344 Email: contact@reposaka.jp

リプロダクションクリニック東京

〒105-7103 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター3F

TEL:03-6228-5351 Email: contact@reptokyo.jp